台風被害の修理案件 その3

2018/01/31
台風被害の修理その3です。

右舷側後部のクリートが
ベースごと吹っ飛んでしまってます(・・;
ガンネルの末端部とその下部のチーク部分も
飛んでしまってありません・・・
papa1515220984841.jpg 



まずは、ベース部をサンディングで整えて
papaDSC_0528.jpg 



ファイバークロスで再構築していきます。
papa1515220988540.jpg 


その後、
塗装、ポリッシュをして
新しいクリートを取り付けて完成です。

ガンネル末端部はL字型の材料を加工して作成し、
ガンネル下部のチークの部分も
チーク材を使ってワンオフで作成しました。
なかなかうまくできました(^^)

papaDSC_0004.jpg 


papaDSC_0002.jpg 

作業のご依頼
ありがとうございました。

台風被害の修理案件 その2

2018/01/10
暴風の影響で船首が桟橋にヒットしてしまい、
大きな穴が開いてしまいました

DSC_0325.jpg

なかなかのダメージです(・・;
1515220971559.jpg 
サンディングできれいに整えて
樹脂パテを充填し、
表と裏側にガラスクロスを貼ります。
何層も貼り重ねたあと、
塗装して完成です。

1515220690455.jpg 
作業のご依頼、
ありがとうございました。

台風被害の修理案件 その1

2018/01/06
2017年10月、京阪神を襲った台風21号
芦屋、西宮近辺のマリーナに係留中のプレジャーボートにも
多くの被害をもたらしました。

今回はその台風の被害を受けられたヨットの修理です。
左舷側が激しくぶつかって、ガンネルが折れ曲がり
ガンネルの基部も破損しています。
ハルもかなり傷ついています。
DSC_0531.jpg


まずは折れ曲がったガンネルをはずして
ガンネルを取り付ける基部を補修していきます。
DSC_0532.jpg 
 DSC_0533.jpg


傷ついたハルもパテとサンディングで
補修していきます。
DSC_0543.jpg 
DSC_0545.jpg 

パテ成型の次に、サーフェイサーを塗装します。
DSC_0572.jpg 


ここで、オーナー様から
「どうせなら全塗装お願いします」
とのご依頼が(^^)/

そうですね、
ここだけピカピカになっちゃいますので
嬉しいご依頼です。

早速、ハル全体をサンディングし、
パテで小傷を埋めて、
全体にサーフェイサーを施工します。
DSC_0573.jpg 

サーフェイサーを施工後、
さらに小傷や小さな凸凹を
パテで成型してはサンディングを
繰り返して、表面が均一になるように
整えていきます。

表面形成が終わるとウレタン塗料にて
白く塗装していきます。
DSC_0579.jpg 

DSC_0578.jpg 

艶と強度を出すために
何層も何層も塗り重ねていきます。

DSC_0580.jpg 

DSC_0582.jpg 


白の塗装が終わると
ブルーのラインを描きます。
DSC_0621.jpg 



新しいガンネルを取り付け、
船名のステッカーを貼り付けて完了です。
DSC_0622.jpg 

DSC_0624.jpg 

ピカピカに甦りました。
作業のご依頼ありがとうございました。

DSC_0623.jpg 


FRP補修、部分塗装、全塗装など
あらゆる修理を承っております。
お気軽にお問合せくださいませ。

2018 あけましておめでとうございます。

2018/01/05
あけましておめでとうございます
旧年中は大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

tropical-island-sunrise-wallpaper-4.jpg

ノードヘブン47 船底作業

2017/06/14
DSC_1542.jpg

高松から来られたお客様です。
船底作業のご依頼ですが、とにかくデカい!!!!

上架し、船台に乗せましたが大きさが大きさで
移動は無理なので、リフト直下でそのまま作業です。

遠いところお越しいただきましてありがとうございました。